ディケイ州のライフラインDLCが軍事的な目を通してゾンビの発生を探る

Anonim

スタジオのブログに関する最近の記事によると、Undead LabsのゾンビサバイバルサンドボックスのタイトルであるState of Decayの次の2回目の展開では、軍事的な観点からゾンビの黙示録を探求する予定です。

LifelineはGreyhound One、資源を探し回り、ゾンビの黙示録の中で問題なく生きるために奮闘する軍人のユニットの一員になるでしょう。 Greyhound Oneは、その研究がゾンビの発生と戦うのを助けることができる科学者のグループを救うために、廃墟の街ダンフォースに送られました。

DLCは「最初の危機の最中」に行われます - プレイヤーはまだマップ外のサポートと無線によるコミュニケーションを利用できますが、Undead Labsはこれが長続きしないと約束します。 キャラクターや物資を築くのではなく、プレイヤーはあらゆるもの - 軍事級の支援と武器 - から始めて、有限のリソースが減少するにつれて何もしなくなります。

補給品が枯渇すると、プレイヤーは追加の補給品を受け取ってその地域から民間人を救うために着陸帯を確保することについても心配しなければならないでしょう。 彼らが着陸帯を構築するとき、プレイヤーは地雷原や他の軍事兵器を使ってゾンビからそれを守らなければならないだけでなく、地図外砲兵支援を受けなければなりません。

デザイナーのGeoffrey Cardによる投稿によると、Undead Labsは軍隊がゾンビフィクションの「ゴーゴーゴーガイ」であることが多すぎると感じているため、DLCの兵士に集中する決断をしました。

「彼らはすべての問題が釘であるハンマーです、盲目的に何か未知の目標を果たすためにすべてを刈り取ります」とカードは書きました。 「しかし、この見方はかなり一方的で単純なものです。崩壊のチームでは、私たちは異なる見方をしています。そして混沌と戦争からの文明。

「兵士ほど人生を変える選択をする機会がある人は少ない」と彼は付け加えた。

Cardは、Lifelineの詳細については、その新しいキャラクターのキャストやプレイヤーが利用できるツールを含めて、今後数週間以内に明らかにされると書いています。

2013年6月にXbox 360が発売されて間もなく、 State of Decayは史上最も売れ行きの良いXbox Liveアーケードタイトルとして記録を破り、発売後2週間以内に50万ダウンロードを突破しました。 ゲームは11月上旬にSteamでリリースされ、その最初のDLCであるBreakdownがその月の後半ヒットしました。

先月、Undead Labsの創設者Jeff Strainは、スタジオがMicrosoft Studiosと複数年にわたる複数タイトルの契約を結んだことを発表しました。 スタジオは現在概念的段階にある第2ゲーム、 Class 4を持っています。