ファイナルファンタジー14:レルムリボーンのディレクターがハードウェア計画、ファイナルファンタジーの「魂」を語る

Anonim

ファイナルファンタジー14:プレイステーション4で生まれ変わったレルムは、観客モードやコンソールのビデオおよびコンテンツ共有機能など、コンソールに合わせたソーシャル機能を使用しないため、経験がすべてのプラットフォームで統一されるようになる。

「ファイナルファンタジー14:A Realm Rebornはクロスプラットフォームのゲームであり、プレーヤーは同じサーバー上で一緒に遊ぶことができるため、PS4の特別な機能を独占的に利用すれば、他のPS4プレーヤーには利点があります。プレーヤーは持っていない」と彼は言った。 「私たちはそれらのプレーヤーだけにそのような利点を生み出したくないので、それらの機能を多用することを考えていません。」

吉田氏は、スクウェアエニックスがPS4のユーザーインターフェース機能を統合するためにゲームを微調整することを検討しており、PS4のグラフィック機能のおかげでゲームをコンソール上に移動することは比較的簡単だったと述べた。

吉田氏は、「ゲームエンジンは、さまざまなマシンで使用できるように、また非常に高性能なPCにも使用できるように構築した」と述べた。 「PlayStation 4は非常にハイエンドなマシンです。高品質のPC版のゲームをPS4に移植するのは非常に簡単です。」

ほとんどの日本の開発者はむしろ最大のゲーム市場を構成し、ハードウェアの制限がほとんどないPC用にそれらを作ることになるので、監督はコンソールに多くの大規模多人数参加型オンラインゲームはないと信じています。 吉田氏は、開発チームは、ファイナルファンタジーのタイトルを最初に作成し、MMOを2番目にすることを目標にしたFinal Fantasy 14:A Realm Rebornの制作を開始したと説明しました。プラットフォーム

Xbox Oneに関しては、吉田氏はSquare Enixはまだそれを除外していないと述べたが、Sonyのコンソールに公開することでSquare Enixはすべてのバージョンを同じサーバー上に置くことができる。

「私は個人的には何もノーと言うのは好きではありません、そして私はそのオプションをオープンにしておきたいのです」と彼は言った。 「私たちはこのゲームをできるだけ多くのシステムで実行し、できるだけ多くのプレイヤーの手に渡せるようにしたいと考えています。

「しかし、今Xbox Oneに公開した場合、それは本質的にXbox専用コミュニティになるでしょう」と彼は付け加えました。 「日本では、Xboxはアメリカほど普及していません。そして、ファイナルファンタジーを本当に愛し、Xbox版をプレイしているのは、たった数千人しかいないかもしれません。 MMOはそのコミュニティの上に成り立っているのではないかと心配しています。MMOがそのコミュニティの上に構築されているのであれば、そのポイントは何ですか?」

「チョコボとグーグルを投入するだけで、ファイナルファンタジーが手に入ります」

Final Fantasy 14:A Realm Rebornは、Final Fantasy 6のオリジナルのFinal FantasyやMagitekの鎧などの他のシリーズタイトルからの要素を含みますが、Yoshidaはゲームはそれ自身の独立したストーリーであり他のタイトルの上に構築されていないことを確認しましたそこには吉田が「香辛料」と呼んでいるものが含まれているかもしれません。 監督にとって、「ファイナルファンタジーの心と魂」は、強力な感情を呼び起こす美しいグラフィックと深く豊かなストーリーへのシリーズのこだわりにあり、チームがA Realm Rebornでとらえられたと感じています。

「ファイナルファンタジーシリーズの最大の特徴は、プレーヤーを活気づける力だ」と彼は語った。 「インパクトは重要です。日本でゲームが行われています。これは日本のファンタジーへの取り組みです。西側のプレーヤーはこれを見て「これはクレイジーだ」と言うかもしれませんが、それだけです。」

「そして、チョコボとグーグルを投入するだけで、ファイナルファンタジーが手に入ります」と彼は付け加えた。