カプコン

Destinyの 開発者Bungieは昨日、このゲームの無料デモをリリースし、興味を持ったプレイヤーにシューティングゲームを試して購入した場合は進行状況をフルゲームに移行する機会を与えました。 PlayStation 3、PlayStation 4、Xbox 360、Xbox Oneなど、 Destiny が利用可能なすべてのプラットフォームで無料体験が可能になりました。 Bungieは、最新世代のバージョンを Destiny デモと呼び、現行世代の製品を Destiny Trialと呼びます。 BungieのウェブサイトのFAQによると、どちらも「キャラクターの作成と進行のサンプリング、ストーリーミッションの内容、そして協同組合や社会活動」を提供しています。 デモには6 GBのハードドライブ容量が必要で、試用版には20 GBが必要です。 DemoもTrialも外付けハードドライブをサポートしていないため、DemoはXbox 360 Arcade、4 GB Xbox 360、Xbox 360 Core、または12 GB PS3では動作しません。 いつものように、進歩は Destiny のサーバで維持されるので、無料版を試みるプレイヤーは同じコンソールファミリー内でプレーし続けることができるでしょう。 たとえば、PS4版を購入してもPS3でデモを試してその文字を使用できますが、Xbox

続きを読みます

今後のMega Man Xレガシーコレクションのゲームは、Mega Man X 5の開発中になされた議論の多いローカライゼーションの決定を元に戻すでしょう。 このコレクションは、ゲームの上司のGuns N 'Rosesにインスパイアされた名前(Mavericksとして知られる)を削除し、それらを元の形式に戻します。 2001年にMega ManX5が北米を襲ったとき、PlayStationゲームはシリーズのボス命名規則から転用し、元の日本語のキャラクター名をGuns N 'Rosesに変更しました。Spike RoseredはAxle the Red、Crescent GrizzlyはGrizzly Slash、Tidal WhaleはDuff McWhalen。 メガマンのキャラクターが音楽の名前を付けていたとしても、それは不可解な決断でした(そして、カプコンはアクセルとスラッシュの名前をファイナルファイトのロックと金属に触発された悪者のために借りました)。 今週リリースされたMega Man XLegacy Collection 1と2の新しい予告編 - コレクションのチャレンジモードを強調するために設計された - は、それらのGNR名がもはや正統ではないことを明らかにした。 トレーラーは、Crescent Grizzly、Dark Necrobat(以前はDar

続きを読みます