ブリズコン

Destinyの 開発者Bungieは昨日、このゲームの無料デモをリリースし、興味を持ったプレイヤーにシューティングゲームを試して購入した場合は進行状況をフルゲームに移行する機会を与えました。 PlayStation 3、PlayStation 4、Xbox 360、Xbox Oneなど、 Destiny が利用可能なすべてのプラットフォームで無料体験が可能になりました。 Bungieは、最新世代のバージョンを Destiny デモと呼び、現行世代の製品を Destiny Trialと呼びます。 BungieのウェブサイトのFAQによると、どちらも「キャラクターの作成と進行のサンプリング、ストーリーミッションの内容、そして協同組合や社会活動」を提供しています。 デモには6 GBのハードドライブ容量が必要で、試用版には20 GBが必要です。 DemoもTrialも外付けハードドライブをサポートしていないため、DemoはXbox 360 Arcade、4 GB Xbox 360、Xbox 360 Core、または12 GB PS3では動作しません。 いつものように、進歩は Destiny のサーバで維持されるので、無料版を試みるプレイヤーは同じコンソールファミリー内でプレーし続けることができるでしょう。 たとえば、PS4版を購入してもPS3でデモを試してその文字を使用できますが、Xbox

続きを読みます

StarCraft 2:Wings of Libertyの発売から7年以上が経過したBlizzard Entertainmentは、リアルタイム戦略ゲームを無料でプレイできるようにしています。 開発者は今週、BlizzCon 2017でこのゲームのリリース計画と最初の無料キャンペーンを発表しました。これはStarCraft2をより幅広い層に開放するものです。 StarCraft 2のプロダクションディレクター、BlizzardのTim Mortenは、しばらくは無料で遊べるモデルへの移行について話し合っていると語ったが、その変更を新しいプレイヤーや既存のプレイヤーにも受け入れやすいものにすることが重要だった。 「無料プレイを検討することの初期のトリガーのいくつかは、多くのゲームが初心者版を通してすでに無料であったとしても、それはよく知られていなかったというフィードバックでした」とMortenはBlizzConのインタビューで語った、 [そして]実際にStarcraft 2をプレイし始めるために何を買う必要があるのか​​理解するのは混乱していました。 「私たちはその混乱を乗り越えて、StarCraft 2が自由に使えることを発表したかったのです。」 Mortenは、StarCraft 2のエスポートであるという遺産は別の要因であり、ゲームを自由にプレイできるようにすることで、ゲームを新

続きを読みます